superstar’s blog

最愛なる息子jr.くんとの日記やオススメ商品のご紹介などを記事にしています。

【番外編】確実に月5万節約する方法✨7位

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

前回格安スマホは本当に安くなるの?どこがいいの?ということで調べました。

今回は番外編として2021年3月に出揃った3大キャリアの強力な格安プランについてご紹介したいと思います。皆様の節約ライフのお役に立てれば幸いです。

政府からの携帯料金値下げの要請後、3大スマホキャリア各社が次々と20GBの格安新プランを発表。auから「povo」がリリースされたことで、3大キャリアはひと通り20GBプランが出揃いました。

今までのプランと比較しての違いや、すでにお得な料金を提供している格安SIMや楽天モバイルと比較してメリットはあるのか、気になっている方は多いと思います。

そこで今回は、ドコモ・au・ソフトバンクの新しい20GBプランにおけるサービス内容を比較します。

格安SIM各社やキャリアの既存プランとも比較していますので、新しい20GBがどんな人におすすめできるのか、この記事でわかりやすく解説していきます。

●ドコモ・au・ソフトバンクの新しい20GBプランを比較!

f:id:antixxxsuperstar:20210330223120j:plain

ドコモの20GBプラン「ahamo」
f:id:antixxxsuperstar:20210330223302j:plain

ドコモの20GBプラン「ahamo」は、海外82ヶ国でも追加料金なしでそのまま利用できます。海外へ行く予定のある方にもおすすめのプランでしょう。

また、事務手数料が無料になり、乗り換えもお得にできます。通話も5分以内であれば国内通話無料のため、短い電話が多い方はオプションをつけなくても料金が高くなる心配がありません。

なお、ドコモの20GBプラン「ahamo」は家族割の割引は適用されませんが、同じグループからahamo回線への発信は無料で行えます。
[f:id:antixxxsuperstar:20210330224332j:plain[f:id:antixxxsuperstar:20210330223706j:plain

auの20GBプラン「povo」
f:id:antixxxsuperstar:20210330224453j:plain

auの20GBプラン「povo」は5分かけ放題がない代わりに、基本料金がドコモ・ソフトバンクの新プランと比べて500円安くなっています。

かけ放題やデータ1日使い放題を付けられるトッピング機能が特徴的。au・UQモバイルからの移行が無料で行えるので、au・UQモバイルユーザーの方はお得に乗り換えられますよ。
f:id:antixxxsuperstar:20210330224649j:plain
f:id:antixxxsuperstar:20210330224744j:plain

ソフトバンクの20GBプラン「SoftBank on LINE」
f:id:antixxxsuperstar:20210330224817j:plain

ソフトバンクの20GBプラン「SoftBank on LINE」は、LINEのデータカウントフリーがあります。LINE通話やトークなどLINEの利用にはデータ消費されないため、頻繁に使う方には特におすすめです。

また5分以内であれば国内通話が無料になるので、短時間の通話が多い方にメリットがあります。申し込みは他社同様店舗では行っていませんが、LINEからも申し込めるのでより手軽にできるのも魅力でしょう。
f:id:antixxxsuperstar:20210330225257j:plain
f:id:antixxxsuperstar:20210330225327j:plain

● 新しい20GBプランを、格安SIMの20GBプランと比較!
f:id:antixxxsuperstar:20210330225526j:plain
続いては、格安SIMの20GBプランと、キャリアの新しい20GBプランを比較してみましょう。

結論から申し上げますと、現状格安SIMは3大キャリアの20GBプランにほぼ太刀打ちできていません。そのため、毎月20GB程度の利用でよいという方は、3大キャリアの新しい20GBプランを申し込むことをおすすめします。

【3大キャリアと格安SIMの20GBプラン比較表】
f:id:antixxxsuperstar:20210330225805j:plain
f:id:antixxxsuperstar:20210330230204j:plain
f:id:antixxxsuperstar:20210330230425j:plain
f:id:antixxxsuperstar:20210330230508j:plain

上記の表を見てもわかる通り、ahamo・SoftBank on LINEはかけ放題込みの料金という面、そして5Gや通信速度などの点において、3大キャリアの新20GBプランは強力なプランであることがわかります。

格安SIMユーザーは低用量帯に集中していることもあり大容量プランの値下げはこれから行われていくものと思いますが、毎月20GB程度は使うという方は、現状3大キャリアの新しい20GBプランにメリットが多いといえます。

●これまでのプランと比較した、新しい20GBプランのメリット
新しい20GBプランのメリットについて解説します。これまでの各キャリアの料金プランと比較したメリットは以下の4つです。

f:id:antixxxsuperstar:20210330230801j:plain

20GBは大部分の人にとって十分なデータ量

20GBは大部分の方にとって十分なデータ量です。無制限などデータ容量の大きいプランを契約していても、実際にそこまでの容量を使っていない方が多い、というデータが株式会社MMRI総研の「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2020年2月時点)」で発表されています。

発表によると平均データ使用量は6.94GBで、月間データ使用量7GB以下の割合が79.2%を占めています。こういったデータを見ても、20GBあれば大部分の方は満足に利用できることがわかるでしょう。

そのため、データ無制限や超大容量プランを契約していても実際の使用量に比べ余分に支払っている可能性があります。新しい20GBプランへ移行することで1GBあたりの料金も下げられますよ。

1GBあたりの料金が圧倒的に下がる

新しい20GBプランでは1GBあたりの料金が圧倒的に下がります。現在提供中のプランと、1GBあたりの料金を比較してみましょう。

※全て小数点第一位を四捨五入
※無制限プランは÷20で計算
f:id:antixxxsuperstar:20210330231825j:plain
f:id:antixxxsuperstar:20210330231943j:plain
f:id:antixxxsuperstar:20210330232023j:plain

キャリアの高速通信が使える
ドコモ・au・ソフトバンクの新しい20GBプランでは、各キャリアの高速通信を利用できます。

キャリアの高速通信が利用可能であることは、格安SIMと比較した際に圧倒的なメリットです。格安SIMの20GBプランと月額料金が同じであっても、速度面の利便性は大きい部分でしょう。

新しい20GBプランは、速度制限中も1Mbpsという中速での利用が可能です。通信速度は速いものから順にGbps・Mbps・kbpsと単位が分かれており、kbpsになると低速になり通常の利用も難しいでしょう。

しかし、1Mbpsという中速であれば通常利用は問題ないレベルです。とはいえ高速通信と比べて、多少は不便に感じる可能性があります。

5Gにも対応する

ドコモ・au・ソフトバンクの新しい20GBプランは5G通信にも対応しています。iPhoneシリーズを始めとした端末の発売や、通信設備の普及が進んでいる次世代通信を利用でき、より快適な通信が可能です。

格安SIMでは5Gに対応していないところが多いので、20GBプランは5Gを利用したい方にとってメリットといえるでしょう。

●これまでのプランと比較した、新しい20GBプランの注意点
f:id:antixxxsuperstar:20210330232533j:plain

20GBプランは革新的な料金設定に注目が集まっていますが、注意点もあります。これまでの料金プランと比較した注意点は、以下のとおりです。

f:id:antixxxsuperstar:20210330232627j:plain

手続き・サポートがオンラインのみ

新しい20GBプランの申し込みやサポートはオンラインのみとなっています。ドコモ・au・ソフトバンク3社とも手続きはオンラインのみとなり、店舗では申し込めません。

何かトラブルがあっても店舗や電話といったオンライン以外でのサポートは受けられないので注意しましょう。

キャリアメールが利用できない

「ahamo」[povo]「SoftBank on LINE」では、キャリアメールが利用できません。キャリアメールを頻繁に利用しているという方は、既存プラン継続を検討してみましょう。

しかし、プロバイダやGoogle、Yahoo!などでもアドレスは取得できます。キャリアメールがなくても事足りる方は、あまり問題にはならないでしょう。

事務手数料がかかる可能性がある

各キャリアが発表した新しい20GBプランでは、事務手数料が無料な場合があります。しかし、他のキャリアや格安SIMからの番号移行(MNP)手数料は必要です。

また、UQモバイルからauの新プラン「povo」への移行は無料、といったグループ内の移行に手数料はかかりませんが、MNP手続きは必要になる場合があります。

同一グループ外からの乗り換えには手数料がかかる、乗り換えの手数料が無料でもMNP手続きは必要、といった条件が少なからずあることを覚えておきましょう。

家族割・光回線とのセット割は適用されない
新しい20GBプランは家族割や光回線とのセット割は適用されません。そのため、現在各キャリアで家族割や光回線とのセット割を利用している方は注意が必要です。

ahamoに関してのみ、ahamo自体に家族割の割引は適用されませんが、家族というグループのカウントには入るので、今契約している家族全体の割引額は変わらず利用することは可能です。

● 結論、毎月20GB程度使う人は新しい20GBプランがおすすめ!

データ無制限や超大容量も必要なく、かといってあまり少なすぎるのも困るという方は、各キャリアの20GBプランが容量もちょうどいい可能性があります。一度20GBでできることはなにか、確認してみましょう。

f:id:antixxxsuperstar:20210330233436j:plain

月間のデータ利用料20GBで見ると、解説してきたとおり、格安SIMよりもキャリアの新しい20GBプランが現状優位です。

現在キャリアユーザーの方は、「他キャリアの関連サービスを利用している」、「他キャリア独自のポイントが自分に合っている」などの特別な事情がない限り、現状そのままのキャリアで新しい20GBプランへ移行することをおすすめします。

楽天モバイル・格安SIMユーザーの方も、「無制限に使いたい」もしくは「少量しか使わない」という方でない限りは、現状キャリアの新しい20GBプランのほうがメリットも大きくなるので、乗り換えを検討してみましょう。

● 3大キャリアの20GBプランの申し込み方法
f:id:antixxxsuperstar:20210330233738j:plain

3大キャリアの20GBプランの申し込み方法は、オンラインに限られます。SoftBank on LINEはLINEでも申し込めますが、店舗や電話での申し込みはどのキャリアも行っていないので注意しましょう。

なお、同じキャリア内であれば無料でプラン変更が可能です。ドコモ・au・ソフトバンクともに新20GBプランの事前申し込みを開始しました。

● まとめ
新しい20GBプランはキャリアの高速通信が利用でき、5G対応な上、1GBあたりの料金が圧倒的に下がるため快適かつお得に通信を利用できます。

20GBは大部分の方にとって、十分なデータ量ですので、無制限や超大容量を契約していても余ってしまうという方におすすめでしょう。

ドコモ・au・ソフトバンク3大キャリアの20GBプランの概要に加え、メリットや注意点、格安SIMとの比較までまとめて知りたい方は、ぜひ今回の記事を参考にしてくださいね。

superstar's blog - にほんブログ村